俗女養成記
想見你
用九柑仔店
最佳利益
前男友不是人
麻醉風暴

台湾ドラマで中国語

最佳利益 (2):「弁が立つ」と「士林」の関係

ダジャレがたくさん聞ける台湾ドラマ。この作品も例外ではありません。

最佳利益 (2):「弁が立つ」と「士林」の関係 - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLINE TVからお借りしました)

我是健談,謝謝
僕って、弁が立つからね

「健談jiàntán」は「話が上手い」という意味ですが、純粋なほめ言葉として使われることは少なく、「おしゃべり」「口だけ達者」のような批判めいたニュアンスを伴うのが普通です。


弁護士事務所の実習生たちの中で、落ちこぼれ気味のこの人が「弁が立つ」と自分で言うのも皮肉なのですが、この後のセリフが更に、この人物の軽さを際立たせています。

最佳利益 (2):「弁が立つ」と「士林」の関係 - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLINE TVからお借りしました)

不是明德,也不是士林喔
「明徳」でもないし、「士林」でもないよ

このセリフ、台北の地名に詳しい人なら、すぐにダジャレだということがわかりますね。

「士林Shìlín」は夜市でも有名な場所で、MRTの赤いライン(淡水信義線)の駅名にもなっています。「明徳Míngdé」はそこから淡水方面の電車に乗って二つ目の駅。そして、反対方向に行った隣の駅が「劍潭Jiàntán」です。位置関係は次の通り。(日中対照用語集「MRTの駅名(淡水信義線)」

最佳利益 (2):「弁が立つ」と「士林」の関係 - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

もうおわかりですね?「健談jiàntán(弁が立つ)」と「劍潭Jiàntán」の発音が、同じだということを利用したダジャレなのです。しかも、何のひねりもないもの。そのくだらなさ加減が、この人物の軽さを強調する役割を果たしています。


なお、「士林夜市」に行く場合の最寄駅は、「士林」ではなくこの「劍潭」駅なので、ご注意くださいね。

(2020.02.25)

邦題:リーガル・サービス 最大の利益

2019年の作品。社会問題もたくさん出てくる法廷ものですが、被疑者等を演じるゲストの役者さんが、恋愛ものドラマでもおなじみの顔ぶれなので、「この人がこんな役!」という意外性も楽しめます。硬さと柔らかさのバランスがほどよいドラマ。楽しみながら幅広い分野の中国語が学べるいい教材です!