たおたお様

台湾人の優しさを身近に感じました!
たおたお様
お名前​ たおたお様
年齢(留学時) 27歳
留学校 淡江大学・フォローアップ講座
留学期間​ 1カ月
宿泊​ ゲストハウス
ビザ種類​ ノービザ

留学のきっかけ

私は大学時代に選択科目で中国語を取っていましたが、授業の関係で間を空けながら時間をかけて取りました。たまたま、選んだ第二言語の中国語が楽しく面白く、好きになっていったのですが、社会人になってからは中国語に触れることもなく、ただただ時間が流れるばかりでした。中国語を勉強できるきっかけを探し、日本にある台日交流会に参加したり、台湾の友達と連絡でやりとりをして、身につけようとしました。

また、私は台湾には6回ほど旅行したこともありましたが、何か足りなさを感じました。中国語を勉強したり、しなかったりの波があり、「ちゃんと留学したい!」という気持ちが芽生えました。今回たまたま、仕事を辞めたことから、転職するタイミングで長期休みがあるのでこの機会に試しにとりあえず1か月台湾に留学してみよう!と決めました。それから、何もやり方も分からない状態で、ネットで調べているとPAPAGOさんのエージェントがヒットしました。旅行以外に留学の申請を細かくしたことのない私にとっては、最初不安はありましたが、LINEでも相談ができたので安心しました。

淡江大学での授業

初日、PAPAGOさんに連れて行ってもらいました。駅からは遠くもなく、ちょうどディンタイフォンや永康街がある観光地で賑やかな場所でした。私はレベル2のクラスに行きました。レベル2の内容は既に習ったことがあったのですが、先生が全て中国語で説明するので(←当然ですが)初めは理解が難しかったです。新たにレベル3を勉強しようかとクラス替えを考えましたが、やはり私の場合、ライティングとリスニング、スピーキングには差があったので、どれもが同じレベルで進めていけるようにレベル2にいました。ただ、授業を受けてみて、テストの内容でも想像力を働かせる問題が多く難しかったので、レベル2でちょうどよかったと思っています(笑)クラスにはベトナム、インドネシア、韓国、イギリス、タイの国籍の生徒もいました。19~20代、40代がいました。また、ベトナム人の中国語会話と聴力はすごく上手で母語と発音が似ているようで、びっくりしました。私は15週間のクラスのみんなとスタートが同じで、そのうちの4週間だったので、名残惜しかったですが、同級生も先生も優しく、楽しく受けられたと思います

フォローアップ研修

台湾の食文化や歴史について教えてもらいました。台湾はいろんな国からの食べ物も取り入れていたり、色々な昔からの○○節(○○の日)があったり、また看板でもよく見ますが、古早味や、誰誰さんが作った○○(料理名)だったり、すごく懐かしい感じにも思いました。また、注文の仕方、バスの乗り方など、非常に役に立つ情報も教えてもらい勉強になりました。

生活

私はゲストハウスに住んでいました。台湾の友達もいたのでこの1カ月は授業と台湾人と遊んだり、台日交流会に参加したりなど積極的に取り組み、スケジュールをいっぱい入れていました。1か月は私にとって長いかな?と初めは思っていましたが、実際はとても早く感じました。台湾の友達と宜蘭に行ったり、たくさんの夜市に行ったり、北投の温泉に行ったり、色んな経験ができて良かったと思います。台湾人の優しさも身近に感じれました。

また、絶対台湾に行きます!!今も計画中です(笑)

たおたお様
たおたお様
たおたお様
たおたお様