俗女養成記
想見你
用九柑仔店
最佳利益
前男友不是人
麻醉風暴

台湾ドラマで中国語

最佳利益 (7):なりたくないもの

今回は、恋愛ものドラマでおなじみのこの言葉。

最佳利益 (7):なりたくないもの - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLINE TVからお借りしました)

這邊這麼多電燈泡 你們不怕
ここには「おじゃま虫」がこんなにたくさんいるのに、君たちは平気なんだね。

集団訴訟の仕事で、みんなで広い会場にこもって作業している実習生たち。休憩時間に、二人で仲よくしている(?)男女がからかわれています。

「電燈泡diàndēngpào 」は、元々「電球」のこと。これがなぜ「おじゃま虫」になるのかは、「暗いところでいちゃいちゃしたいカップルを明るく照らしてしまうから」という説が有力ですが、本当かどうかはわかりません。

「おじゃま虫になる」は「當電燈泡 dāng diàndēngpào 」。電球のメーカー名「PHILIPS」を使って、「當飛利浦dāng Fēilìpǔ」と言うこともありますが、こちらはちょっと古臭い言い方なのだとか。

日本語の「おじゃま虫」もそうですが、誰かを「邪魔だ!」と非難する時より、自分自身のことを「不想當電燈泡(おじゃま虫にはなりたくない)」のように言うことの方が多いようです。

(2020.03.27)

邦題:リーガル・サービス 最大の利益

2019年の作品。社会問題もたくさん出てくる法廷ものですが、被疑者等を演じるゲストの役者さんが、恋愛ものドラマでもおなじみの顔ぶれなので、「この人がこんな役!」という意外性も楽しめます。硬さと柔らかさのバランスがほどよいドラマ。楽しみながら幅広い分野の中国語が学べるいい教材です!