俗女養成記
想見你
用九柑仔店
最佳利益
前男友不是人
麻醉風暴

台湾ドラマで中国語

用九柑仔店 (6):言おうとしたこと

言おうとして言えなかった言葉は字幕には出てきません。でも、もしそれが想像できたら、ドラマがもっともっと楽しめると思うのです。

用九柑仔店 (6):言おうとしたこと - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLINE TVからお借りしました)

你拿
持て……

田舎に帰って、おじいちゃんのよろず屋を引き継ぐことにした主人公。都会では一流の営業マンでも、最初はなかなか上手く行きません。そんな戸惑いを象徴するエピソードのひとつがこの場面。缶入りのサラダ油を買いに来た女の子に、値段の計算までテキパキ処理されてしまった後のセリフです。

1缶出して来るだけでその重さに四苦八苦した主人公が、2缶持とうとする女の子に「君には無理だよ」と声をかけようとしています。

ところが、そのセリフを言い終わらないうちに、女の子はその2缶を軽々と持ちあげてしまうのです。呆然としながら、出てきた言葉はこれでした。

 

用九柑仔店 (6):言おうとしたこと - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLINE TVからお借りしました)

得動
……るね

このセリフを続けて並べると可能補語の「拿得動nádedòng (持てる)」となります。

では、主人公が言おうとして言いそびれた言葉が何かと言うと、その反対の「拿不動nábúdòng(重くて持てない)」です。


可能補語は、その状況だとどう頑張っても無理ということを表現する時に使うもので、その多くは「拿不動」のような否定形で使います。「拿得動」のような肯定形は、否定の否定、つまり誰かが「できない」と考えている時に、「そんなことはないよ」と否定するのが一番よくある使い方。この場面も、自分で言おうとしたことを否定する気持ちが表れていますね。

(2021.9.10)

邦題:いつでも君を待っている

2019年にヒットしたドラマです。田舎の小さなよろず屋を舞台に、おじいちゃんと孫、そして近所の人たちとの交流が描かれているのですが、それぞれの登場人物にまつわる様々なエピソードは、恋にも友情にも優しさにも様々な形があっていいのだというメッセージになっている気がします。「いつでも君を待っている」という邦題からは、心温まるストーリーを想像しますが、それだけではないからこそ、見ごたえのある作品になっています。