俗女養成記
想見你
用九柑仔店
最佳利益
前男友不是人
麻醉風暴

台湾ドラマで中国語

後菜鳥的燦爛時代(8)/「あの〇〇」からわかる気持ち

今日は、前回の記事でご紹介したセリフを少し前から並べてみます。

後菜鳥的燦爛時代(8)/「あの〇〇」からわかる気持ち - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村
後菜鳥的燦爛時代(8)/「あの〇〇」からわかる気持ち - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村
後菜鳥的燦爛時代(8)/「あの〇〇」からわかる気持ち - 台湾留学、大学進学、台湾語学留学、短期留学|PAPAGO遊学村

(画像はLine TVからお借りしました)

セリフを書き出してみましょう。

鐘雨棠  傢伙 現在 應該 還  跟  泡麵 在 一起 吧
鐘雨棠のやつ、今もまだあの“ラーメン野郎”と一緒に違いない

ご注目いただきたいのは、ピンクと緑の文字の部分。

 傢伙 /あのやつ⇒あいつ
 泡麵 /あのラーメン
日本語の「この、その、あの、どの」に相当する中国語は、「這,那,哪+量詞」。「量詞」というのは、物を数える時の単位です。「この、その、あの」の時にも、後ろに来る名詞の種類によって、変化するのがちょっとややこしい(でもそこがおもしろい)。例えば、こんな感じ。
この人/あの人/どの人・・・這人/那人/哪
この本/あの本/どの本・・・這書/那書/哪
この切符/あの切符/どの切符・・・這票/那票/哪

(文法の説明は、過去記事「簡単な例文見つけてきました⑦:この味好きだなあ。」をご参照ください)
“ラーメン野郎”というのは、アーロン扮する紀文凱の恋敵「王子誉」のあだ名。(詳細は過去記事「台湾ドラマで中国語:インスタントラーメン」をご参照ください)。

思いを寄せる鐘雨棠のことを言う時には、ちゃんと人を数える時の単位である「」を使って、「那 傢伙」と言っているのに、恋敵をあだ名で呼ぶ時は、インスタントラーメンを数える時の“~袋(ふくろ)”に相当する量詞の「(bāo)」を使っています。文法としてはこれで正しいけど、そこまで徹底しなくても、と笑えてしまいました。

台湾ドラマのストーリーや美形の出演者を眺めるのも充分楽いけれど、シナリオに隠されたこんな言葉の仕掛けがわかると、もっともっと楽しめますよ。


(2016.10.27のブログ記事に加筆修正しました)

邦題:華麗なる玉子様~スイートリベンジ

今年(2016年)大ヒットしたドラマです。日本でも日本語字幕版が放送されたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。職場での奮闘ぶりと学生時代の思い出が交錯するので、様々な言い回しが学べます。ちょっとシャイな人向けの恋愛用語もたっぷり。以下のコラムもどうぞ。