台湾留学,大学進学,台湾語学短期留学|PAPAGO遊学村
学習方法や言葉と文化の関係等、台湾華語にまつわるあれこれ、たくさんお伝えします!特集記事の解説も、ここでまとめて読めますよ!

一斤

これはもめそう!

「1斤」、発音は「yi4jin1」。重さの単位。

台湾では600グラム。

でも、中国では、500グラム!

これは、もめそう!

お茶や果物等、量り売りをするお店では台湾でも、中国でも、まだこの「斤」が活躍しています。

一斤 - 台湾留学,大学進学,台湾語学短期留学|PAPAGO遊学村

中国の方がよく使う

中国では、体重を「斤」で表す事もあります。華奢な女の子が「90斤」と言うと、ちょっとびっくりするけど、「45公斤gong1jin1(キログラム)」のこと。

こちらは、簡単に計算できますね。

でも、台湾の「90斤」が何キログラムに相当するのか・・・ちょっと計算が面倒です(笑)

中国の女の子が、台湾に来て、少な目に体重を言ったつもりが、実際は多めに受け取られていた。

中国に旅行に行った台湾の人が、果物を買って、「少ない!」と怒った。

なんてことも、ありそうな気がします。

台湾と中国の言葉や習慣の違いは、同じ中華圏、同じ中国語、という背景があるだけに、見えにくい。歴史的な要因もあって、お互いの情報がうまく伝わっていない、と感じることもあります。

似てるからこその誤解は、この「斤」の他にも、まだまだありそうです。